2012年10月1日

実家の構造

夏休みに実家に帰り、家の構造を聞いた。この家は、5-6年ほど前に母の一人暮らし用に建てたもので、大雑把な設計は母がやっている(といっても、建築士の資格などを持っているわけではない)。

今回判明したのだが、うちは平屋の6部屋構造で、建物を均等に6等分してそれぞれ10畳になっているということ。うち1部屋にキッチン、1部屋に玄関、洗面所、脱衣所、風呂、トイレが納められている。あとはリビングを含めて4部屋。

なんとも面白い造りだと思う。母は「面倒なことを考えずに、6で割っただけ」と言っていた。うーむ、すごい。ちなみに、土地はじぃちゃんの農地を分けてもらい、建物だけで1000万円である。

0 件のコメント:

コメントを投稿