2012年10月3日

環境リスク学―不安の海の羅針盤

環境リスク学―不安の海の羅針盤
面白かった、原発問題や食の安全への意識が高い今だからこそ、こういう本を読んでみるのは良いと思う。「学」とついてはいるものの、内容はそう難しくないし読みやすい。お勧めの本。

俺はあまりこの人を知らなかったのだが、元東大教授であり、また女性初の東大教授でもある。なかなか豪傑な人だったようで、面白いエピソードもこの本で触れてあり、俺は中西女史に好感を抱いた。

<関連>
中西準子のホームページ

0 件のコメント:

コメントを投稿