2012年11月28日

戦場の都市伝説

戦場の都市伝説 (幻冬舎新書)
どこかで話題の本として紹介されいたので買って読んでみたが、期待ハズレだった。世界中の都市伝説、それも戦争や戦場にまつわるものを集めてあり、それぞれに著者がちょっとした分析や解説を述べるという形式で進んでいく。都市伝説として語られているものが、ただの噂なのは良いとして、それに対する解説で「~という説がある」というのでは、これもまた噂レベルを出ないのではないだろうか、という気持ちになり、なんだか堂々巡りをしているような気分になってくる。オカルトものとしても、都市伝説を分析する本としても中途半端な仕上がりで、ネットで怖い話でも読み漁って自分なりに解釈でも考える方がよっぽど面白くて有意義な時間が過ごせるかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿