2012年12月20日

ガレキノシタ

ガレキノシタ
私立高校の校舎が倒壊し、そこに生き埋めにされた生徒や教師たちの物語。といっても、みんなで力を合わせて生き抜くというような話ではなく、それぞれが独りか二人で閉じ込められて、お互いに語り合ったり、中にはケンカに近いようなことがあったりしながら救助を待つというストーリー。短編集だが、どれもそれなりのクオリティに達しているので読んで損した気分にはならない。

ただ、なんというか……。

伊坂幸太郎が好きな人なら面白いと思うだろうなぁ、という感想を抱き、つまりは、伊坂幸太郎にすごく似ていることなのだが、ネットで調べると確かにそういう評価も多い。著者にこだわることなく、伊坂風の小説が読みたいと思う人にはお勧め。

0 件のコメント:

コメントを投稿