2012年12月24日

噺家侍

噺家侍
どこでどう見かけて買うことになったのか忘れてしまったが、たぶんAmazonで見つけたんだろう。実在した落語家・三遊亭圓朝が主人公の時代小説。落語が好きな人でなくても面白い、という評価だったので期待して読んだのだが、確かに落語に関してマニアックな知識を必要とすることはなかった。むしろ雑学として、へぇそうなんだ、という類の挿話が多くて、そのあたりは楽しめた。話の筋としては特に目立って面白いというところはなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿