2013年8月22日

知の逆転

知の逆転
かなり評判の良い本、なのだが俺はどうにも薄っぺらく感じられて仕方がなかった。特にジャレド・ダイアモンドのインタビューはひどかった。

ただ、この本をとっかかりにして知的好奇心を満たしてくれる世界や本へ足を踏み入れる人は多数いるだろうし、そういう意味では良い本だろう。事実、俺もこの本を読んで、ノーム・チョムスキーやジェームズ・ワトソンの本を読んでみようと思っているところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿