2013年9月12日

逃避行

逃避行
愛犬ポポが隣家の小学2年生の息子を噛み殺した。それはポポが獰猛だったからではなく、鼻先で爆竹を鳴らされるなど何度となくその子どもから嫌がらせを受け、怯えて、パニックに陥ったからだった。しかし、社会はそうは見てくれない。ポポを殺処分するべきだ、そんな無言の圧力を感じた飼い主である中年女性・妙子は、ポポを連れて逃避行に出た。

決してつまらなくはなかったけれど、同じ篠田節子が書いた『仮想儀礼』を読んだ時の興奮はなかった。

図書館寄贈。

0 件のコメント:

コメントを投稿