2014年1月7日

栄光なき凱旋

栄光なき凱旋〈上〉
栄光なき凱旋〈中〉
舞台は第二次大戦。在米の日系人たちの悲哀を描いた小説で、傑作と評されるにふさわしい本だった。分量は多いが飽きさせない。読みながら、グッと胸にくるものがあった。これは是非とも多くの人に読んでみて欲しい。

蔵書決定。

0 件のコメント:

コメントを投稿