2014年6月24日

弥勒

弥勒
Amazonでの評価はめちゃくちゃ高いが、どうも入りこめなかった。架空の国が舞台なのに、その国の文化風俗といったものが細かく設定されていて、それはそれで凄いのだが、「でも結局は架空でしょ?」という感じになってしまって……。
ストーリーは嫌いではない、というか、安定の篠田節(ぶし)。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。