2014年8月8日

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ(上) 
空飛ぶタイヤ(下) 
涙をこぼして泣いた。

横浜でトラックのタイヤが脱輪して母子3人を巻き込んだ死傷事故があり、そこから発覚した三菱自動車によるリコール隠しを題材にしている(横浜母子3人死傷事故)。

群像劇だが非常によくできた小説で、同じ著者の中身スカスカだった『ルーズヴェルト・ゲーム』と比べると、主要な登場人物の描写が丁寧。

また、上記した関連リンクについてだが、読めば読むほど嫌になる出来事である。信じがたい話だが、実際に起こったのだから怖い。あれから12年。お子さんたちが健やかに育たれていますように。

ちなみに、寝つけない夜に読み始めて、徹夜して読み終えてしまった。

0 件のコメント:

コメントを投稿