2015年4月21日

運は数学にまかせなさい - 確率・統計に学ぶ処世術


このての本を読むのはもう何冊目だろうか。そろそろ打ち止めにしても良い気がするが、それでも読むたび毎回のように統計や確率に関する無知が招くリスクを思い知らされる。半分は自分の楽しみのために読むのだが、心の半分では、病院で患者や家族に説明する時に必要な統計や確率をうまく説明するためのヒントを探している。
Amazonのレビュー平均点どおり、面白い本だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿