2015年6月1日

二度のお別れ


大阪の刑事が主人公のミステリ。会話のテンポは関西弁のノリで思わずプッと笑わせられるなど退屈ではないし、内容もつまらなくないのだが、同じ作者の他の本を買って読んでみるかは保留。

0 件のコメント:

コメントを投稿