2015年6月19日

親子の愛の深さ切なさ難しさに、涙なくしては読めない、そして何度となく涙した 『ねじれた絆』


親子の愛の深さ切なさ難しさに、涙なくしては読めない、そして何度となく涙した。

家にいて一人で読書をする時には、時に涙をこぼすこともある。しかし、自宅以外で本を読んで泣くなんてことはない。まして診療の休憩時間に、診察室で読んで涙がこぼれるなんて……。
「いまスタッフが入ってきたらどうしよう……」
そんな状態になるほど、この本には泣かされた。

「我が子」という言葉について、涙を流しながらしみじみと考えさせられる一冊。

福山雅治主演の映画『そして父になる』の原作、というわけではないが、あの映画に胸打たれた人ならきっとこの本でも心が震えると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿