2015年7月6日

出口のない海


横山秀夫、こういう本も書くんだなぁといった感じではあったが、ストーリー的にはいまひとつ盛り上がれなかった。ただ、特攻隊(本書の場合は人間魚雷『回天』での特攻)に乗る人の心理描写というのが凄かった。ああ、自分だったらこういう心理状態で正気を保てるだろうか……? そんな戦慄を感じながら読んだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿