2016年6月23日

どんな人にも、その人なりの言い分がある 『不忠臣蔵』


忠臣蔵で吉良邸への討ち入りに参加しなかった、そんな“不忠”臣たちはいったい何をしていたのか、なぜ討ち入りしなかったのか、そして、その後どうしていたのか。そういったことを、井上ひさし流のユーモアと優しさ温かさで包みこんだ短編集。

どの短編も中心となる登場人物の「語り」のみで構成されているので、読み始めてから慣れるまでには少し時間がかかった。

どんな人にも、その人なりの言い分がある。そんな当たり前のことを、エンタテイメント小説に仕立てたという感じ。短編の中には、ちょっとしたミステリ要素をもったドンデン返しのあるも数編あり、全体として面白く読めた。

0 件のコメント:

コメントを投稿