2017年4月27日

プロ野球の名スカウト河西俊雄に学ぶ対人援助職のありかた 『ひとを見抜く 伝説のスカウト河西俊雄の生涯』


まったく知らない人の伝記である。プロ野球にかなり興味があるという人でも、スカウトの名前までは知らないのではなかろうか。

こういう縁もゆかりもない人の伝記を読むと、「読み手を惹きつけるような患者カルテの書きかた」を学ぶことができ、精神科医としてのトレーニングにもなる。というのは、だたの後付けの理由かな。すべての伝記が面白いとは言わないが、評判の高い伝記は読みごたえがあって良いものである。

さて、本書の主役である河西が大切にしていたのは、誠意と直感。これは対人援助職でも重要だ。誠意のほうは敢えて言うまでもない。直感はちょっと厄介だ。対人援助職では直感に頼りすぎて痛い目を見ることがあるし、それと同じくらい、直感を無視して残念な結果になることもある。直感・直観の扱いというのはなかなかに難しいものだ……。

野球選手の名前もたくさん出てきたが、知らない選手が多かった。それでも楽しめた本なので、伝記として上出来だと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。