2012年2月21日

人生を変える出会いはバーで

IMG_8679

ふらりと入ったバーで、それまでの人生が大きく変わる。そんなことがないとも限らない。たとえば絶世の美女が一人さびしく飲んでいて、普段は見知らぬ女性に声をかける度胸もないくせに、なぜかその日は勇気をもって話しかけることができて、そうすると出身地が近かったり、趣味が同じだったり、お互いに恋人と辛い別れをしたばかりだったり、そういうことが二人の距離を近づけて、気がつけばお互いに少し飲み過ぎたようで、そろそろ帰るわ、送りましょうか、いえ近くだから、でも大丈夫ですか足もフラフラ、だいじょっ……、ほらやっぱり危ない送りますよ、それじゃお願いしようかな、そんなやり取りをして、少し寒い夜道を歩くうちに指先が触れて、ためらいがちに手をつないで、大胆に指を絡めるようになり、体を寄せ合うようになり、コーヒーでもどうかしら、いえさすがにそこまでは、良いじゃないのあがってよ、それじゃコーヒーだけ、なんて笑い合って、部屋に入ればコーヒーなんてどこへやら、どちらからともなく唇を寄せて、服を脱ぐのももどかしく抱き合ってもつれ合って、電気をつけないままの薄暗い中で彼女に誘われて寝室へ行き、倒れこむように、押し倒すように、あるいは押し倒されるかのようにベッドに飛び込んで、お互いに裸になってみたら、あれなんでしょコレはついてますね、はいついてます、なんて、そんなことだってないとは言い切れない。そんな妄想をしながらドアを開けた。カウンターの奥で、ヒゲの男が頭を下げて言った。
「閉店です」
ふらりと入ったバーで、あっけなく追い返されることもある。

6 件のコメント:

  1. バーに限らずひとり呑みに行くときは、とくに旅先では、、ね。
    現実にならないから助かっているのでしょうが^^。

    返信削除
  2. >佐平次さん
    一人で飲みに行くことが時どきあるんですが、居酒屋でちゃちゃっと飲んで帰ることがほとんどなんですよねぇ……。ふらっとバーに入るような男になりたい時期もあったんですが、どうも性格になじまないみたいで……。

    返信削除
  3. 先を期待したら、がっかり。
    でも、これが現実ですね。

    いいですね!
    知らない港町の小さなバー。
    ふらりと入って、そこから物語が始まる。
    こういう小説、書いてみたいです。

    返信削除
    返信
    1. >海境惺さん
      ありがとうございます。
      幸いにしてこういう現実にはまだ直面していませんが、今後もないように気を付けますw

      削除
  4. 一緒にBARで飲んでた男が隣で潰れることもある。……ありますよね?!

    返信削除
    返信
    1. >あー太
      あるあr……いや、普通ないわw

      削除