2012年3月21日

『ラビット・ホラー』 『猿の惑星 創世記』

『ラビット・ホラー』
予告編で魅かれて借りたのだが……。

途中で観る価値なしと判断して終了。



『猿の惑星 創世記』
おすぎが絶賛していたので、とりあえずラストまで観たが、おすぎふざけんなコノヤロー。知能が上がる薬を猿に投与したからって、いきなり道具を使えるようになるまで進化するとかあり得ないだろ。SFは、いかに本物らしくするかがミソ。一番肝心な部分で「あり得なさ」を感じさせるSFは、すべてが嘘っぱちに感じてしまってダメ。

0 件のコメント:

コメントを投稿