2012年3月8日

アメリカはやっぱりすごい 『フェア・ゲーム』

まったく期待せずに借りた映画だったが、非常に面白かった。酒飲みながらでも寝なかったし、眠くもならなかった。

前半は把握できないままに振り回されてしまった感があるが、それでも中盤以降はグイグイ引き込み盛り返し、あっという間にエンディング……、そう、あまりにあっけないエンディングで、もうちょっと盛り上げても良かったんじゃないかと思ってしまう。

この映画を観て、やっぱりアメリカは凄いと思った。自分たちの暗部であり恥部でもあるこの一連のエピソードを映画化して、それがヒットするというのだから、転んでもただでは起きないとはまさにこのことだ。

ちょっと硬派な映画が観たいという人にお勧め。

0 件のコメント:

コメントを投稿