2012年4月8日

死ねばいいのに

死ねばいいのに
強烈なタイトルなので、どんな本なのかちょっと不安に思いながらも読み始めてみると、あらら面白い。結末はなんとなく予想していた通りだったが、それよりも途中での会話が良かった。全体を通して心情と会話のみで進行するのだが、それでこれだけ読ませるというのはやっぱり凄い。

読むのを躊躇ってしまいそうなタイトルだが、一読の価値はあり。

0 件のコメント:

コメントを投稿