2012年6月7日

こわれた腕環―ゲド戦記〈2〉

こわれた腕環―ゲド戦記〈2〉
前半部分は、あれあれ?という感じだったのだが、中盤から面白さを増した。1巻では少年ゲドの、2巻では少女テナーの成長を描いている。このあたりをうまくレビューしている人がamazonレビューにいたので、興味がある人はそちらで読んでもらえたらと思う。

ゲド戦記についての知識が皆無なので、未だにこの先どうなるのか予想がつかない。とりあえず読み進めるのみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿