2012年6月8日

さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉

さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉
1巻から3巻まで読んでみて、本書がメインな気がする。ゲド戦記の愛読家からは叱られるかもしれないが、1巻と2巻はどうしても外伝という感じがしてしまう。やたら骨格のしっかりした外伝ではあるけれど。

1巻はゲドの内面の成長の描写が多くてセリフが少なめでちょっと退屈するところもあったが、2巻ではややセリフが多くなり、本作ではセリフが増えて、それでいて主人公アレンの内面の成長も感じられた。

ゲドが主人公なのは1巻だけで、2巻と3巻はそれぞれ主人公が違う。邦題は『ゲド戦記』だが、どうやら原題は違い、おそらく物語の舞台である『Earthsea』が原題のようだ。3巻から読んでも充分に楽しめるし、むしろそのほうが取っつきやすいような気もする。

0 件のコメント:

コメントを投稿