2012年7月24日

空中鬼

空中鬼
高橋克彦の陰陽師シリーズ第4弾。泣いた。

この手の話は読み手を選ぶというか、興味のない人は絶対に手に取らないだろうなぁ。でもわりかし面白いので、食わず嫌いせずにちょっと試してみて欲しい一冊。

あ、でもこの本を読むには、白妖鬼を読んでおく方が分かりやすいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿