2012年8月10日

「イジメは犯罪」「大人と同じに厳罰を」の限界

暴行・恐喝系のイジメがやたらクローズ・アップされて、「犯罪だからやめよう」「大人と同じ厳罰が必要」とかそういう議論が多いけれど、「シカト」というイジメがあるのをみんな知らない? それで自殺に至る人もいるが、シカトは犯罪ではない。

ならば、シカトも法律で取り締まるか? 何回、あるいは何日、それとも何人で無視したらシカトとして裁かれるんだろう? 俺も学生時代にほとんど無視していた人がいるし、今でもあまり関わりたくないので接点を持とうとしない人がいるが、そのシカトはイジメになるのか? 相手が俺から「イジメられた」と感じたら、やっぱりイジメ? そこまで考えると、イジメに対する厳罰指導にも限界があると分かる。

それに、もし子どもに大人と同じ厳罰を科すのなら、その逆、大人も子どもと同じに厳罰に処されないといけない。DV、虐待、風評被害、会社内イジメなんてものを大人が持て余しているのに、子どもにだけ厳罰をなんて、大人の身勝手。

犯罪・厳罰という指導の効果は否定しないし、大切なことだと思うが、限界があることはしっかり分かっておかないといけない。だから、そういう指導方法と同時に、他者の痛みを知る、知ろうとする、思いをはせる、想像する、立場を置き換えてみる、といった教育・訓練も大切にして欲しい。もちろん、そんな甘い方法だけで上手くいくとも思わないし、他にももっといろいろやるべきこと、やれることがあるはずだ。

そして、大切なことは、こういう指導や教育を学校や教師に丸投げしないこと。では、誰が関わるべきなのか。

家族?

違う。



あなた、だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿