2012年10月12日

フリーランチの時代

フリーランチの時代
小川一水のSF短編集。『老ヴォールの惑星』が秀逸すぎて、どうしてもそちらと比較してしまうが、ちょっとパンチが弱かった。ただ非常に読みやすくはある。

0 件のコメント:

コメントを投稿