2012年10月10日

老ヴォールの惑星

老ヴォールの惑星
4つのSF短編から成る本。とんでもなく面白かった。特に最後の『漂った男』のラストは鳥肌が立つほど素晴らしかった。ちなみに作者の小川一水は1975年生まれで俺と同じ歳。お勧め。

0 件のコメント:

コメントを投稿