2012年11月30日

浜崎あゆみは演技性人格障害か?

浜崎あゆみは、つい先ごろ5ヶ月連続でCDをリリースすることを発表して、その第一弾が発売されたばかり。しかし、その直後に衆議院解散が世間を騒がせてしまって、浜崎の話題は一陣の風すら起こせなかった。そこで今度は熱愛スキャンダルを持ってきた。思えば、これまで浜崎は落ち目になるとスキャンダラスなことや難聴、ケガなどをネタにして自らの名前を浮上させ、世間の記憶から消えないように頑張ってきたという印象がある。今回もその延長だろう。だが、それが悪いというわけではない。そういうことは松田聖子も、あるいはハリウッド・セレブもやっていることなのだから。

というようなことを、ラジオでおすぎが言っていた。

へぇそうなのか、と思った程度だった。ただし、難聴についてはわりと記憶にある。というのも、芸能界に疎い俺の目から見ても当時の浜崎は落ち目だったので、難聴ニュースが流れた瞬間に、あぁこれは近いうちに奇跡的カムバックを果たすだろうし、これはその不死鳥エピソードの前ふりみたいなものだなと思ったからで、実際にミラクルが起こったようだ。浜崎の難聴が本当かウソか分からないが、その後も高所から落下してみたりと騒動は絶えない。これらがすべてウソだとしたら、こういう人目の引き方をする人を精神科では演技性人格障害という。浜崎がそうなのかは分からない。身近に似たような人がいたら(普通なかなか嘘に気づかないものだが)、悪いことは言わないので付き合いを断つことを勧める。

0 件のコメント:

コメントを投稿