2013年6月26日

動機

動機
相変わらず読みやすい。一日で読み終えてしまうくらいにボリュームは少ないのに、中身はハッとするくらいに研ぎ澄まされている。描写が少ないので好き嫌い分かれそうではあるが、俺は横山秀夫の小説の雰囲気は好きだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿