2013年6月26日

人を責める基準

何が良いとか悪いとかの話ではなく、ふと気になったのでメモ程度に。

病院内での傍若無人な行動を書いた県議のブログはひどかった。俺は直接ブログに攻撃こそしなかったが、mixi呟きやツイッターで意見を書いたと思う。そんな騒動の挙げ句、その県議は自殺してしまった。炎上拡散の責任の一端は自分にもあると思う。この結果を受けて、「やりすぎだ」「いや自業自得だ」という意見が出ている。

さて、目を転じて、辛坊氏の遭難事故。これについても、「自己責任で、なぜ税金で救助を?」という疑問から、「自己責任であっても海難救助は税金でやるのが当たり前」といった意見まであって、どちらもそれなりに共感できる意見ではある(個人的には税金での救助で良いと思うが)。ところが、それ以外にも凄い意見があって、曰く、
「中川昭一が酩酊会見を開いた時に、辛坊は某番組で『あんなものはね、自殺すればいいと思いますよ』と言い放ち、結果として中川氏は自殺した。辛坊も自殺すれば良いのだ」
とのこと。ちなみに、この部分は放送自粛音により放送されなかったらしく、またウィキペヂアから引用している人が多かったが、現在その部分は削除されていて真偽不明だ。なぜ放送自粛で消されていた部分を皆が知りえたのかと考えると、ガセの臭いもプンプンするが、ソース不明の今となっては真相は闇の中だ。

中川氏を自殺に追いやった(ただし自殺したというのは世間の思い込みのようで、実際には自殺かどうかは不明とのこと)最大の要因は決して辛坊氏ではないと思うし、上記発言の真偽もともかくとして、自殺した県議への攻撃と辛坊氏への攻撃の両方に参加している人がいるんじゃないかという気がして、そういう人たちが自己矛盾に気がついているのかが気になった。

辛坊氏が中川氏に対して「自殺すれば良いのだ」と言ったことを取り上げて「お前も自殺しろ」と責める一方で、県議を吊し上げて自殺にまで追いつめている。やっていることは、(真実かどうかはさておき)「自殺すれば良い」と言った辛坊氏と同じではないだろうか。

もちろん、色々な人が多種多様な意見を持つのが当然だし、その意見が個人的な好き嫌いという感情に左右されるのも普通のことで、だから冒頭に書いたように何が良いとか悪いとかではないのだけれど、モヤッとしたものを感じてしまう一連の騒動であった。

6 件のコメント:

  1. 中川昭一先生の死因は自殺ではありません。
    (お父様の中川一郎氏が自殺されたので、よく混同されて誤解されていますが)
    司法解剖の結果も、結局死因不明のままでした。
    中川先生の名誉のためにも、訂正させていただきます。

    (酩酊会見と言われるものも、当時の動画を見る限り、
    あれはアルコールによる酩酊にしてはおかしい、という意見も多いです。
    とはいえ、これに関しては真偽不明なので保留にしておきます)

    返信削除
    返信
    1. >匿名2013年6月26日 9:58さん
      そうなんですね、ちょっと加筆しておきます。

      削除
  2. 世間に迷惑をかけたとか不祥事とかを起こして自殺というのはあまりにも短絡過ぎると思います。きっと他にも何か個人的な悩みがあったのでしょうし、責任をとる方法は自殺以外にいくらでもあると思います(寄付するとか社会的奉仕活動をするとか)。
    国会議員や大臣がよく役職を辞任して責任を取ったとしていますが、そんなのは責任をとったとは言えないと思います。民主党の前原さんは民主党代表だった時、民主党のN議員がホリエモンの偽メール疑惑を取り上げたときにそれを押して、結局、偽メールはなかった時に、前原さんは責任とって党代表を辞めましたが、N議員はその後福岡の病院に入院、その後、自殺して亡くなってしまいました。前原さんは一人の人間の自殺に自分が間接的に関わっていることに気付いているのか無視しているのか、その後もまた党代表選に立候補したり、本当に責任を感じているのか疑問です。。。
    すみません、長々と。とにかく、責任取るなら、給料を全額国に返すとかして欲しいです・・・この前の復興庁の大臣は給料返納してましたね。

    返信削除
    返信
    1. >匿名2013年6月26日 21:31さん
      上にコメントされている方が言われているように、中川さんが自殺だったかどうかは不明のようです。
      でも確かに、役職辞任で責任を取ったなんて思ってもらっては庶民感覚とズレ過ぎていると思います。役職ではなく議員を辞職なら、まだ納得もいくというものですが。そういえば、受刑者は、「服役すること」が「罪を償うこと」だと思っているそうです。それに近いものを感じてしまいますね。

      削除
  3. 辛坊さんのようにクジラなど天運に恵まれなかった、
    本人の力ではどうにもならない事へ批判する人と言うのは
    「努力すれば海をも動かせる」と思い込んでいるのかな…?と
    疑問はあります。

    間寛平ちゃんのように無事に行くこともあれば
    辛坊さんのように「運」が無い
    本人の力ではどうしようもないことも存在すると思います。


    人命救助に「税金だろうが!」って怒る人って
    目の前の溺れてる人に
    「ロープ1本1万円です!どうしますか?」って
    聞く感覚に近いのかな…?と個人的に感じました。

    返信削除
    返信
    1. >ゆうさん
      まさに同じように思っています。
      辛坊さんを嫌いなことと、遭難した人を救助することを混ぜこぜに考えてしまうと、どうしても批判的になってしまうのでしょうけれど、海難救助ですから国が助けるのは当たり前のことなんですよね。

      削除