2013年7月19日

きみはいい子

きみはいい子
DVを扱った短編集。なんだか胸焼けしそうな小説ばかりなのだが、読後感は最悪というわけでもない。自分は虐待を受けたわけではないので読み通せたが、実際に虐待を受けた人が読むのは辛いと思う。読みながら、何度も何度も思った。俺は我が子を抱きしめながら育てよう。

<関連>
「愛されたい」を拒絶される子どもたち―虐待ケアへの挑戦
殺さないで―児童虐待という犯罪
「自己責任」の使い方に絶句した話
オッパイとドパミンと産後うつ
ルポ 児童虐待

0 件のコメント:

コメントを投稿