2013年9月26日

奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき

奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき
脳神経解剖学者の筆者が、脳動静脈奇形からの左脳出血を発症した直後にどういう体験をし、そしてどういう後遺症を負い、さらにそこからどうやって機能回復したかを綴ってある。

面白いかどうか、という点では微妙。ただ、同じような病気で後遺症を負った家族がいる人には、本書のそこかしこにリハビリのためのヒントが隠されているんじゃないだろうか。

大満足な内容ではなかったが、公私ともに参考にする日があるかもしれないので蔵書しておくことにした。

筆者がTEDに出演した時の動画があった。

0 件のコメント:

コメントを投稿