2013年10月31日

学資保険の元本割れはリスクではない

学資保険の元本割れが話題になっているが、あれは契約期間中に契約者(親)が死亡した場合、それ以降の保険料は免除されたうえ満期には満額(多少の元本割れはあるにしろ)をもらえるというものだ。だから、
「親が死なずに満期がきたら多少は損をするかもしれないが、もし親が死んでも心配しなくても大丈夫」
というシステムで、保険というのは元来がそういうものだ。

生命保険とは、「命をネタにして賭けをしている」ということである。この場合の賭けの勝敗は、契約者側からすれば、誰がどういう気持ちで誰に対する掛け金(賭け金)を払うかによる。例えば、子どものために保険に入る親と、保険金殺人を企む人とでは勝利条件が違うだろう。ただ、保険会社にしてみれば、「誰も病気にならず事故もしない」というのが大勝ちだ。

だから保険会社は健康な人を優先的に賭けに参加させたがるし、契約者が健康を維持しようという気になるよう仕向ける。ほら、健康不安を煽るような番組や本の裏側には、保険会社の影がチラチラと見え隠れしているではないか。(←かなりの独断だが、CMをチェックしたらきっとかなり当たっていると思う)

最後に学資保険に話を戻すと、元本割れはリスクではなく、上記したような保険に入るコストと考えておいたほうが良い。つまり元本割れしなかったら、コストゼロで保険に入れたということだし、多少の元本割れがあっても、かなりローコストで保険に入れたということである。決して損をしたわけではないし、ましてリスクなんかではないのだ。

ただし、保険会社が加入前に事前説明をしっかりするというのは当然の義務である。

0 件のコメント:

コメントを投稿