2013年10月18日

審判の日

審判の日
山本弘は短編に限る、と最近つくづくそう思う。山本は長編を書こうとすると、自分自身の知識を披露することに誘惑されるようで、長編小説の少なくとも5分の1は読み飛ばしてもさほど影響のない知識・事実である(参考 『神は沈黙せず ~山本弘の欺瞞~』)。それに比べて、短編、連作短編に関しては良い仕事をしている。とにかくもう、山本の長編には手を出さないに限るのだ(笑)

蔵書決定。

0 件のコメント:

コメントを投稿