2014年2月3日

「マクドナルドのコーヒーで火傷した」訴訟の真相

アメリカで、マクドナルド(以下、マック)のコーヒーが熱くて火傷した女性がマックを訴えて、約300万ドル(約3億円)の損害賠償金を受け取ったという話は、多くの人が聞いたことがあるんじゃないだろうか。そして失笑、なんてバカげた国なんだと思わなかっただろうか。

俺もずっとこの話をそのまま信じきって、アメリカというのは訴えたもの勝ちのトンデモない国だと思っていたのだが、真相は少し違うようだ。

アメリカ人弁護士のコリン・ジョーンズによると、裁判に至るポイントは3つあった。

1.マックは意図的にコーヒーを買ってすぐには飲めないような高温にしていた。高温で保存するほうが香りが良く、客に「上質のコーヒーだ」と印象付けるためである。

2.この訴訟が起きるまでの10年間に、マックはすでに火傷を含むクレームを数百件うけており、それまでに数十万ドルの和解金を支払っていたが、それでもコーヒーの温度を変えようとしなかった。

3.原告女性の火傷は、1週間の入院と3週間の休職を要するほど重かった。当初は裁判などするつもりはなく、マックに実質の損害賠償を要求しただけだったが、マックから一蹴された。

さらに裁判で陪審員に不評だったのがマック側の証人の主張である。曰く、

「年間で数億杯のコーヒーを販売しているマックにとって、10年間で数百件ていどの火傷事件は、統計学上まったく意味のない数である」

確かにそれはそうかもしれないけれど、そういう言い方が反感を買うのは当然だ。こうしてマックのコーヒーで火傷をした女性が300万ドルという賠償金を勝ち取ったというニュースが日本に伝わってきたのだが、実はまだ続きがあって、火傷した女性にも過失があることが認められて最終的には5000万円程度にまで減額されたそうだ(それでも充分すごいけれど)。

手ごわい頭脳-アメリカン弁護士の思考法
上記は本書にあったもの。なかなかに面白い本だった。自分自身は読み返さないだろうけれど、家族の誰かが読むかもしれないから蔵書決定。

最後に、アメリカ法曹界の格言。

『依頼された案件の事実関係が不利なら、法を主張せよ。法において立場が不利なら、事実を主張せよ。法も事実も負けそうな場合は、ひたすら相手の弁護士を罵倒せよ』

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。