2014年3月14日

子ネコ殺しで有名になった坂東眞砂子のホラー短編小説集 『屍の聲』が意外にレベル高くて……

屍の聲 
坂東眞砂子は子ネコ殺しのエッセイを読んで以来、どうにも生理的に読む気がしなくて避けていたのだが、このブログのコメント欄でお勧めされたのをきっかけに何冊か読んでみるかと購入してみた。そのうちの一冊が本書で、これがまたレベルの高い小説で……、うーん、子ネコ殺しと作品としての小説はなんの関係もないんだけれど、やはり気分的に影響を受けてしまっている俺であった。

蔵書、決定……。

0 件のコメント:

コメントを投稿