2014年7月7日

帝王切開で生まれた子どもは忍耐力が弱い?


ある日、3年半以上も前に書き込んだツイートが驚異的な速さでリツイートされ出した。いったい何ごとかと思って調べてみると、どうやらNHKで『増える帝王切開 求められるケア』という番組があったのがきっかけのようだ。

非常に良い番組だと思う。ただ、ちょっと遅くない? 俺がツイッターに書き込んだのが2010年8月で、それ以前からママさんたちは色々な誤解や偏見に悩まされていたはずなのに。でもこういう正しい知識を広めていくことは非常に有意義だと思う。

ただ、怖いのは差別や偏見というのが「目の錯覚」と似ていることである。


例えばこの絵の縦線は同じ長さである。実際に測ってみると確かに同じだ。しかし、どんなに頭では同じ長さだと分かっていても、どうしても右が長く見えてしまう。差別や偏見も同じである。正確な知識で理解をしていても、いざ実際に目にするとどうしても脳が騙されてしまうのだ。

<参考図書>
人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。