2014年11月26日

鉄の骨


池井戸潤の小説。建設会社の若手サラリーマンを主人公にした群像劇で、テーマは談合。それにミステリの要素が少し入っている。672ページという分厚いモンスター文庫だが、文章量は決して多くはなく、また難しい話でもないので、読み進めるのが苦になることはない。

池井戸の描く銀行員や会社員を見るたびに、脱サラして良かったと思う。俺には競争が向いていない……。

0 件のコメント:

コメントを投稿