2015年6月26日

姫椿


浅田次郎の短編集。いずれも読みやすく退屈させないのはさすが。

ただ、それ以上の感想はない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。