2016年8月10日

精神科医による肩肘張らないエッセイ 『精神のけもの道』


精神科医・春日武彦の本は、正直、ちょっと当たりハズレがある気はするが、それでもつい買ってしまう。同じ精神科医として、何かためになることが書いてあるのではないかという期待、それから「売れている医師エッセイスト」がどんなことを書いているのかという興味と関心があるからだ。

本書はわりと当たりなほうだと思う。精神科医として特にためになることが書いてあったわけではないが、読みながら、
「ナルホド、そうかもね」
と頷くことはあった。精神医学の専門的なことは書いていないので、精神科の知識がない人が読んでも充分に楽しめるだろう。逆に、多少でも専門的なことを期待している人にとっては肩すかし、期待ハズレになるんじゃなかろうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿