2011年12月14日

小児科じゃないくせに、何かあったら訴えるぞ!!

数日前から発熱しているという子どもを受診させたい。

これはまったくもって普通の気持ちだ。

ただ……、それが夜間だから問題なんだよなぁ。


どうして数日前から発熱があったのに、夜のこのタイミングに受診させたがるんだよ!!

と、当院の先生たちは怒っている。ただでさえ人手不足な離島の病院。みんな疲労と戦いながら当直業務をこなしている。軽症でも受診する人が多いのは、都会も田舎も同じかもしれない。ただ、この島ではすべての夜間当直を当院で一手に引き受けている。病院同士の輪番制はなく、救急車はすべて当院に来る。ある先生は言う。
「都会より恵まれているよ。だって、救急車が受け入れ病院探しに困るってことがないんだから」

そんな島の医療環境。軽症での受診は控えるよう、先生たちは何度も患者教育をしている。しかし、効果はほとんどない。その最たるものが、小児科だ。

当直時間に父母から電話がかかってくる。
「数日前からの発熱が下がらない、今から受診させたい」
今の状況を聞くと、食事も水分摂取もできている。それなら翌日の小児科を受診するように、と促すと言われてしまうのが、

「小児科じゃないくせに、何かあったら責任とれるんですか? 訴えますよ」

結局、そんな不毛なやり取りが嫌で、ほとんどの先生があきらめて受け入れるようになった。


離島の医療でドクター・コトーを想像している世間の人は、こんなこと知らないだろうな。こんな状況だから、外から来た先生もすぐに疲弊してしまう。数年働いたら、もう限界だからとっとと島外へ出ていく。ほとんどの島の医療は先細り。それは、国の医療政策もさることながら、住民が招いた事態でもあるのだ。

4 件のコメント:

  1. ずっと発熱してる子供を夜間になぜ親は受診させたがるのか…
    夜になると子供の具合が悪化するっていうのもあるらしいですが、夜になったら病院もあいてないと思うと親が不安になり、病院へ駆け込みたくなる。って何かの本で読んだような~。

    血を吐いたり、怪我したり…今年は自分も夜勤の先生に迷惑をお掛けしてます。そして今はバイト先でぶっ倒れ、病院へ連行され点滴中です…(-。-;

    返信削除
  2. >あっこ
    不安になるのは分かるんだよねぇ。
    でも、本当に不安なら昼間においで、とね。
    夜に来ても検査も限られているし、人手も少ないんだよ、ってね。
    そのあたりを説明しても、
    「昼は仕事で……」
    これが実は結構多い!!

    ところで、おいおい、血を吐いたのかよ……。

    返信削除
  3. コンビニ受診ってやつですか。。。働くママも多いし中々解決難しいですけど親の都合で来るのは困りますね。子供も夜に外出るとかちょっと可哀想。

    o先生が熱烈すぎて(笑)イライラしてたらピロリちゃんに殺られましたwトイレで立てなくなったの初めてでした。あの時彼があっこの為に買った車は事故ったらしいですよw

    返信削除
  4. >あっこ
    悪魔めw

    24時間365日ってのは理想だけど、病院は医者だけで動いているわけじゃないもんね……。
    看護師も検査技師も、レントゲン技師も、薬剤師も、事務員も、
    ありとあらゆる職種をコンビニ受診に備えて夜間勤務させるとなると、
    新規に雇用しないといけないわけだし、医療費は少なく見ても今の2倍はかかるんじゃないかな。

    返信削除