2011年12月3日

デイサービスでのエピソード

学生時代に行ったデイサービスセンターで、女性二人が談笑していた。

「ここに来たら、本当に殿様気分になれるのぅ」
「ほんにやのぅ。何から何までしてもろうて」
「家におったら、なんもかんも自分でせにゃならんもんねぇ」
「ほんに、ここにおったら殿様やもんねぇ」

デイサービスは、簡単に言うと『お年寄りが遊びに来るところ』。

多少体が不自由で、ちょっと痴呆が入っている人もいるけれど、老人ホームにいる人たちよりは元気な方が多い。そういった人たちの入浴の手伝いをしたり、食事を用意したり、ゲーム感覚で軽い運動をしてもらったり、ボケ防止のクイズを面白おかしくやったり、そんな感じで朝の九時から夕方の四時位までを過ごす。料金は一回1000円から1400円くらいで、これは利用者の要介護度によって違ってくる。月に利用できる回数も要介護度によって変わる。

なかなか最初の一回に行きたがらない高齢者が多いが、実際に行ってみると楽しいといって喜ぶ人がたくさんいる。家でゴロゴロしている爺ちゃん婆ちゃんがいるなら、説得してでも一度は参加してもらってほしい。

4 件のコメント:

  1. そういえばうちの姑も行ってません。5年前に大腿骨骨折した後、歩行補助のための手押し車を買うときに「これは年寄りっぽいから嫌だわ」とのたまわった。十分年寄りだったんですけどね。最近は買い物に行くのもしんどいらしく、生協と毎日息子(夫です)に買い物頼んでます。毎日頼むほうもだけど夫もえらいなと思ってますが、あまりにも甘やかせすぎではと思う今日この頃です。何しろ家の中でも杖と手押し車が必要になってきてますので。だいたいが散歩とかするタイプでもなく、友達も多くないようなのでデイに行ったほうがいいとは思うのですが、何しろ嫁の話は聞いていただけないので困ってます。

    返信削除
    返信
    1. >ぺんたさん
      デイサービスを嫌がる高齢者、けっこう多いですね。それでも、ケアの中心ではない実の息子や娘は「昔から人付き合い苦手だったし、無理せんで良いさ」くらいの感じのことがあって、しわ寄せはケアするお嫁さんに行っているというケースが、これまたけっこう多いです。

      足腰が弱ると、そこから寝たきりまではあっという間ですし、なんとか活動して欲しいものですね。

      削除
  2. やっぱりそうですよね。他人との交流も脳の刺激になるし、デイに行くことによって体も動かしますものね。姑は手芸をやってるからボケないと言うのですが、体も多少動かさないと(家の中だけでなく)廃用症候群になってしまいますよね。

    返信削除
    返信
    1. >ぺんたさん
      手芸だけだと、やっぱり足腰が……ですよね^_^;

      削除