2011年12月3日

血液型占いなんて信じない、でも……

飲み会の場では、血液型の話をしだす人が絶対にいる。女性に多いかと思いきや、そうでもなく、男性にも血液型の話題を出す人は多い。俺は血液型占いなんて全く信じていない。だから、そういう話が出てくると、呆れた口調で否定してしまう。そうすると、こう言われるのだ。

「あー、A型の人って、だいたい皆そう言うよね」

さてさて。
日本の血液型の比率は、

A型  38%
B型  22%
AB型 9%
O型  31%

次に、少し古いが2008年の本の売り上げランキング。

1.ハリー・ポッターと死の秘宝 J.K.ローリング/松岡佑子 162万4630部
2.B型自分の説明書 Jamais Jamais 134万8667部
3.夢をかなえるゾウ 水野敬也 133万1379部
4.A型自分の説明書 Jamais Jamais 105万3639部
5.O型自分の説明書 Jamais Jamais 105万2288部
6.女性の品格 坂東眞理子 72万832部
7.AB型自分の説明書 Jamais Jamais 67万9322部
8.ホームレス中学生 田村裕 66万4787部
9.脳を活かす勉強法 茂木健一郎 54万7146部
10.親の品格 坂東眞理子 54万5439部

血液型関係の本の売り上げだけ見ると比率は、

A型  25.5%
B型  32.6%
AB型 25.5%
O型  16.4%

ここで改めて、数字だけ見比べてみよう。
左が国内の血液型比率、右が本の売り上げ比率。

A型  38  25.5
B型  22  32.6
AB型 9   25.5
O型  31  16.4

この比較だけから見ると、

・A型
やはり血液型にはあんまり興味がなさそうだが、それでもちょっとは気になる。

・B型
血液型占いにわりと興味がある。

・AB型
血液型占いに対して、ずば抜けて興味津々。

・O型
血液型占いを信じない。


今度、血液型の話になったら、O型の人を見つけて、

「あんた、血液型占いには興味ないでしょ? なぜそう思うかっていうと、こういうデータがあってね……」

という話をしてやろう。

そして、きっとまたこう言われるのだ。

「うわー、A型っぽーい!!」

<関連>
断言しよう、血液型占いは当たるのだ。
当たる占い師が流行るわけではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿