2012年3月3日

都市伝説セピア

都市伝説セピア

朱川湊人はこれで2冊目。何冊かまとめて買ったのだが、最初に読んだ『いっぺんさん』が高評価のわりにちょっと期待ハズレだったので、他のを読むのを躊躇っていたのだが、祖父の法事に合わせてカバンに入れた。

この本が非常に大当たり。短編集なのだが、雰囲気としては乙一と恒川光太郎を混ぜたような感じで、ちょっとダークファンタジーを入れながら、ときに叙述トリックも用いてあり、実に楽しく読み終えることができた。

ちょっと怖い話もあるが、お勧めできる。

0 件のコメント:

コメントを投稿