2012年3月29日

永遠の放課後

永遠の放課後
高校時代、模擬試験で出される小説に試験中に読み耽ることがあって、「もっと続きが読みたい!」なんてことも時どきあった。三田誠広の『いちご同盟』もそんな中の一つだが、実際に読んだのは大学を卒業してからで、期待通りに面白い小説だった。

ちょっと前に読んだ三田の『地に火を放つ者』(ブログ内レビュー)があまりに面白かったので、今回は本書を選択してみた。

結論として、『いちご同盟』と併せて考えると三田は音楽が相当に好きなんだなぁ、というのはよく分かったが、内容的にはそんなに深いわけでもなく、『いちご同盟』の二番煎じという印象が拭えない。決して飽きさせるような小説ではないが、かといってグイグイと引き込むような感じでもない。

読むなら『いちご同盟』か『地に火を放つ者』(ただし、こちらは絶版)。

0 件のコメント:

コメントを投稿