2012年6月15日

Bagworm

IMG_2821
庭の梅の木でミノムシを発見。もう10年、いや20年以上、ミノムシなんて目にする機会がなかった。子どものころはただ虫の作った殻みたいにしか見えなかったものが、こうして大人になって改めてよく観察すると、可愛らしくてちょっとオシャレなオモチャみたいに感じられるから不思議だ。

6 件のコメント:

  1. 梅の木・・・ってことは自家製梅酒が作れるじゃないですか♪

    ミノムシは絶滅危惧種ですからね。最近滅多に見ないですよね。

    返信削除
    返信
    1. >あー太
      毛虫だらけで、とてもそんな気分にはなれない梅の木だけどねw

      削除
  2. Ciao willwayさん
    ぁぁ――みのむしねえ
    子供のころはよく見かけたもんだけど
    そう言えば、もうここ数十年とんと見ないかも

    お家って感じで微笑ましいですよね

    返信削除
    返信
    1. >junkoさん
      ミノムシは、ほんと凄く久しぶりで、ふと考えたんです。どうやってあれだけのものを作って、それから木にぶら下がるんだろう?

      調べてみます!

      削除
    2. 風に乗って木の枝とか葉っぱに幼虫がくっついて、そこから木の枝とか葉っぱを纏ったり、脱皮したりを繰り返したと思うので、多分ぶら下がってから枝をくっつけるんだと思います。

      ちなみに繊維だったら何でもミノを作るから毛糸とかを与えてあげると可愛いミノムシができるんですよo(^▽^)o小さい頃いっぱい作ってあげて遊んでたけど、今考えると虫も私もキモイ。。。

      削除
    3. >あー太
      カラフルなミノムシのつくり方(?)は、確かにネットに載っていた。ちょっと試す気にはならないけど……、動画では観てみたいな。

      削除