2012年12月3日

降臨の群れ

降臨の群れ (上) (集英社文庫)

インドネシアのアンボン島を舞台に、イスラム教とプロテスタントの信者同士が対立し、殺し合い、憎しみを深めていく物語。冒険小説という感じでもなく淡々と進むわりには面白かった。ただ、これは図書館へ寄付。

※読んだ本で、子どもや家族に読ませたい、あるいは蔵書として持ち続けたいものは本棚に残し、そうでないものは島の図書館へ寄付するようにしている。

0 件のコメント:

コメントを投稿