2013年7月21日

宇宙人の襲来も、想定すべきか 『リスクとの遭遇』

リスクとの遭遇

「宇宙人の襲来も、想定すべきか」という魅力的な帯のキャッチコピーに魅かれて購入したものの、本としての中身・内容は薄い。ただ多くの参考文献が紹介してあり、そのうち数冊が面白そうだったので購入した。そういう意味で、決して無駄になる本ではなかった、と思いたい。本の中身そのものは決してお勧めできないレベル。

0 件のコメント:

コメントを投稿