2014年2月28日

マヴァール年代記

マヴァール年代記
架空の国マヴァール(作者の田中芳樹は中世のハンガリーくらいをイメージしているらしい)を舞台にした歴史小説(?)。俺の苦手な群像劇なのだが、まったく読みにくさがなくて文句なしの面白さ。分厚いけれど、良い本に出会えて良かったと思った。蔵書決定。

0 件のコメント:

コメントを投稿