2015年4月8日

不屈の弾道


ちょっと面白いB級映画を観たような感じになる本。

本書はいわゆる「神視点」小説である。
神視点とは、作品内で起こるすべての事情を知っている状態で、著者はどの登場人物にも自分の好きなように視点移動させて、登場人物全員について直接的な心理描写ができるというもの。

俺は基本的に神視点は苦手。同じように神視点が好きじゃない人には勧められない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。