2016年8月1日

笑うw 『独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑)』


あいかわらずの独創っぷり。読みながら思わず吹き出して、となりに座っている妻から不審な目を向けられてしまった。ちなみに飛行機の中だったので、他の乗客からも変な目で見られたかもしれない。

短編集で、いずれも数ページ。これをなんと表現すれば良いのだろう、うーん、小説というよりはマンガに近いんだけれど、決してマンガではない。これはもう明らかに小説なのだが、挿し絵がとても多い。いや、挿し絵というより、小説の一部として存在する、というか、なくてはならない……図?

この面白さは読んでみないと分からない。騙されたと思って、ぜひ。

ちなみに読者対象は中高生らしいが、41歳でも楽しめたよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿